作成:2018/06/22更新:

Pairs(ペアーズ)の年齢確認のやり方 | 2019年10月最新版

ペアーズの年齢確認のやり方【免許証・保険証・クレジットカード】

この記事では、Pairs(ペアーズ)の年齢確認/本人確認のやり方を解説しています。免許証や保険証で年確する方法を知ることができます。「最近登録したばかり」「女性とメッセージがしたい」という男性は参考にしてください。

Pairs(ペアーズ)の年齢確認はなぜ必要なのか

まずはじめに。Pairs(ペアーズ)の年齢確認はなぜ必要なのかというと、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」で、児童(18歳未満)でないことの確認の実施を義務付けられているからです。

Pairs(ペアーズ)はこのインターネット異性紹介事業に該当するため、免許証や保険証などの公的な身分証明書で本人確認を行っています。または、18歳以上しか利用できないクレジットカードで決済させることで年齢確認を行っています。

ちなみに、「タップル誕生」「Omiai」などのマッチングアプリでも同じように年齢確認をしています。年齢確認を徹底していないのは、アメリカ発の「Tinder(ティンダー)」くらいです。年齢確認なしで使いたい男性はそちらを利用してください。

Tinder(ティンダー)の登録とログインの仕方【Facebook・電話番号】

Pairs(ペアーズ)の年齢確認は安全?悪用されない?

必要性の次に気になるのは安全性ではないでしょうか。悪用の危険性を理解していない男性が多いですが、免許証や保険証のコピーを悪用すると、あなたの名義で口座を開設したり、出会い系サイトに勝手に登録することもできてしまいます。

ですが、Pairs(ペアーズ)の年齢確認は安全だと判断できます。それは、2017年のスマホアプリ収益ランキングの8位にランクイン、累計会員数700万人突破を達成している人気アプリなのに、個人情報を悪用するのはリスクしかないからです。

ただ、100%絶対安全とは言い切れないので、もし信用できないなら先ほど紹介した「Tinder(ティンダー)」を使うことをおすすめします。以上の説明でPairs(ペアーズ)の安全性を理解できた男性は、年齢確認のやり方の解説に進んでください。

Pairs(ペアーズ)の年齢確認に必要なもの

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート(旅券)
  • 住民基本台帳カード(住基カード)

Pairs(ペアーズ)の年齢確認に必要なものは、以上の身分証明書のいずれかです。身分証の種類まで法律で定められているため、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード以外で本人確認することはできません。

年齢確認できない代表例として、マイナンバーカードや通知カードが挙げられます。その他、年金手帳・学生証・定期券・タスポなども使うことができません。また、以前まで使えたクレジットカードでも年齢確認できないので注意してください。

Pairs(ペアーズ)の年齢確認のやり方

必要なものを確認したところで、Pairs(ペアーズ)の年齢確認のやり方を解説します。下のメニューからその他を開き、会員ステータスをタップしてください。パソコンなら右のメニューから年齢確認をクリックしてください。

そうすると、年齢確認を行う画面に移ります。その後、送信する身分証の種類を選択して、写真を撮影/アップロードします。もし、写真が送信できないときは、Wi-Fiなどのネット環境の確認や、再ログインで解決することが多いです。

アップロードが完了したら、運営の審査を待つだけです。審査に無事合格すれば、女性に最初のメッセージを送れるようになります。また、有料会員に入会すれば、女性とメッセージを自由にやりとりできるようになります。

ペアーズのメッセージのコツ | マッチング後の挨拶からライン交換まで

保険証や免許証は隠せない

以前までは、名前・生年月日などが写っていれば、顔写真や住所を隠すことができました。しかし、現在は全体を写した画像の提出が義務付けられています。一部でも隠れている場合は審査対象外になるという説明もあります。

そのため、「保険証 隠す」「免許証 隠す」と検索してきた男性は残念ですが、保険証や免許証は隠せないのが今のPairs(ペアーズ)です。モザイクや黒塗りで消せずに、そのまま画像を撮影しアップロードして送信してください。

もし、住所や顔写真を隠したいなら、「marrish(マリッシュ)」という婚活アプリを使うのがおすすめです。このアプリには塗りつぶし機能が搭載されているので、簡単に身分証の個人情報を隠すことができます。気になる男性は無料会員してください。

marrish(マリッシュ)

R18

marrish(マリッシュ)

開発元:株式会社マリッシュ

3.5

Pairs(ペアーズ)の年齢確認のやり方まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が、Pairs(ペアーズ)の年齢確認のやり方でした。クレジットカードで年齢確認する/保険証や免許証を隠すことができなくなったので注意してください。全部写した状態の身分証を撮影しアップロードすることをおすすめします。