作成:2018/10/16更新:

Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法 | 2019年11月最新版

Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法 | 2018年10月最新版

この記事では、Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法を解説しています。結婚している男性・女性の特徴を知ることができます。「既婚者も登録できるのか」「ペアーズに既婚者はいるのか」と悩んでいるときに読むことをおすすめします。

既婚者はPairs(ペアーズ)に登録できない

まずはじめに。既婚者はPairs(ペアーズ)に登録できないです。なぜなら、利用規約の第8条禁止事項で「既婚者の会員登録および本サービスの利用」を禁止しているからです。登録できるのは18歳以上(高校生を除く)で独身の男性女性だけです。

これはPairs(ペアーズ)に限った話ではなく、他のマッチングアプリでも同様です。例えば、人気恋活アプリの「タップル誕生」では、「本サービスに登録し利用できるのは、高校生を除く、満18歳以上の独身の方に限ります。」と定めています。

そのため、既婚者がPairs(ペアーズ)をはじめとした婚活アプリを利用するのは諦めてください。浮気や不倫は不貞行為となり、結婚相手から慰謝料を取られる可能性があるので、利用規約で定められていなかったとしてもおすすめはしません。

Pairs(ペアーズ)に既婚者は存在している

しかし、矛盾しているかもしれませんが、Pairs(ペアーズ)に既婚者は存在しています。そうでなければ、「ペアーズ 既婚者」「既婚者 見分け方」などと検索する人はいませんし、既婚者の男性と会った女性の体験談があるわけがありません。

Pairs(ペアーズ)の利用規約でも、既婚者が会員登録したりサービスを利用したら利用制限や強制退会させるという旨が記載されていますが、一方で全会員が既婚者ではないことを保証するものではないというようなことも記載されています。

つまり、Pairs(ペアーズ)は既婚者が登録できないように対処していますが、独身と偽って登録する男性女性は存在しているということです。そのため、ユーザー自身が既婚者の特徴や見分ける方法を把握しておく必要があると思います。

Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法

Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける最善の方法は、時間をかけてメッセージをやりとりすることです。顔写真や自己紹介は審査に通過したものなので、プロフィールで見極めるのは難しいです。メッセージや実際に会って見分けるしかありません。

既婚者の見分け方のポイントは、少しでも「おかしい」と違和感を感じたら身を引くことです。「付き合う・結婚する気がない」「決まった場所でしか会えない」「Twitterやインスタを教えてくれない」など、気になる点があれば注意してください。

この方法は既婚者だけでなく、危険人物に対しても有効です。Pairs(ペアーズ)は累計会員数800万人を超える人気マッチングアプリなので、結婚相手として理想の相手もいれば、なりすましや勧誘目的の業者などの要注意人物もいます。

Pairs(ペアーズ)の要注意人物リスト | こんな男性女性は危険人物5選

Pairs(ペアーズ)で既婚者に遭遇したときは

Pairs(ペアーズ)で既婚者に遭遇したときは、プロフィールの右上をタップして通報することをおすすめします。違反の種類は「既婚・恋人・パートナーがいる」を選択して、違反報告してください。強制退会などの対応がとられるかと思います。

もし、今後二度と既婚者に騙されたくないというときは、独身証明があるマッチングアプリを掛け持ちすることをおすすめします。区役所で発行される独身証明書を提出しているので、既婚者を簡単に見分けて安全に婚活することができます。

例えば、「東カレデート」というアプリでは、本人確認のほかに独身証明と年収証明を実施しています。このアプリをきっかけに結婚した男性女性も生まれているので婚活アプリとして利用することも可能です。是非一度無料体験してみてください。

東カレデート

R18

東カレデート

開発元:Matchalarm Inc.

3.5

Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法まとめ

いかがだったでしょうか。

以上が、Pairs(ペアーズ)で既婚者を見分ける方法でした。結婚している人は登録できない仕組みになっていますが、独身と偽って利用している男性女性はごく少数存在します。実際に会うときは充分に注意して利用することをおすすめします。

質問1:今すぐ結婚したいですか?

はい
いいえ