作成:2018/08/04更新:

Tinder(ティンダー)の使い方 | 登録からライク、メッセージ、会うまで

Tinder(ティンダー)の使い方 | 登録からライク、メッセージ、会うまで

この記事では、Tinder(ティンダー)の使い方・やり方を解説しています。登録からライク、メッセージ、会うまでの基本的な流れを確認できます。「出会う方法が分からない」「全然マッチしない」と悩んでいる男性は読むことをおすすめします。

Tinder(ティンダー)とは

Tinder(ティンダー)とは、2012年にアメリカで誕生したマッチングアプリです。日本でいうところの「出会い系アプリ」で、国内では2015年頃から人気が出始めました。日本の会員数・登録者数は非公開ですが、トップクラスの人気を誇ります。

ネット上では「男は無料じゃ出会えない」みたいな悪い評判もありますが、むしろ男性無料で使えるのはTinder(ティンダー)くらいです。文句を言っているのは正しい使い方を知らない人かステマ業者だけで実際はしっかりと出会うことができます。

しかし、Tinder(ティンダー)はヤリモク(体目的)やネトナン(ネットナンパ)で使われるマッチングアプリなので、彼女が欲しい男性は「恋活アプリ」を、結婚を前提とした付き合いがしたい男性は「婚活アプリ」を使うことをおすすめします。

彼女が欲しい男性向け恋活アプリおすすめランキング | 2020年7月最新版

Tinder(ティンダー)の料金

Tinder(ティンダー)は登録から会うまで無料で使えますが、ボランティアや慈善事業として運営している訳ではないので、「Tinder Plus(ティンダープラス)」「Tinder Gold(ティンダーゴールド)」という有料プランも一応用意されています。

赤い炎マークの「Tinder Plus(ティンダープラス)」はライクを無制限に使えたり、スーパーライクを1日5回まで使うことができます。金色の炎マークの「Tinder Gold(ティンダーゴールド)」は完全上位互換で自分をライクした人を確認できます。

それぞれの値段の違いは500円前後なので、課金するなら「Tinder Gold(ティンダーゴールド)」がおすすめです。とは言え、無課金でも出会えるので最初は課金なしで大丈夫です。効果や料金が気になる人は下の記事を参考にしてください。

Tinder Gold(ティンダーゴールド)とは? | 2020年7月最新版
料金プラン 月額料金 総額料金
1ヶ月プラン 1,700円 1,700円
6ヶ月プラン 983円 5,900円
12ヶ月プラン 775円 9,300円
Tinder(ティンダー)の男性の料金 | どこまで無料?どこから有料?

Tinder(ティンダー)のアイコンやマークの意味

使い方をより理解しやすくするために、Tinder(ティンダー)のアイコンやマークの意味を解説します。「星マークやハートマークってどんな意味?」「Tinder(ティンダー)で使われている用語を知りたい」と悩んでいる男性は参考にしてください。

緑のハートマークのライク(Like)

緑のハートマークのライク(Like)

Tinder(ティンダー)の緑色のハートマークは「ライク(Like)」です。日本語訳は「いいね」。ライクとは気になる女性に送るもので、お互いにライクし合うと「マッチ」します。マッチするとメッセージ機能で女性と会話することができます。

青い星マークのスーパーライク

青い星マークのスーパーライク

Tinder(ティンダー)の青色の星マークは「スーパーライク(SuperLike)」です。通常のライクよりも強い効果があるのが特徴。ただ、無料会員は1日1回までしか使えないので、使い方やタイミングに注意して使う必要があります。

Tinder(ティンダー)のスーパーライクとは? | 2020年7月最新版

紫の雷マークのブースト

紫の雷マークのブースト

Tinder(ティンダー)の紫色の雷マークは「ブースト(boost)」です。30分間上位表示してプロフィールの閲覧回数を増やす効果があります。使う時間帯やタイミングで効果が変わりますが、女性からのライクを増やすことができます。

Tinder(ティンダー)のブーストとは? | 1番効果的な時間帯/タイミング

Tinder(ティンダー)の登録方法

それでは、Tinder(ティンダー)の登録方法から使い方を解説します。アカウントを作るのに必要なものは「Facebookのアカウント」か「電話番号」です。スマホユーザーはアプリをダウンロード、パソコンユーザーは公式サイトを開いてください。

どちらで登録するか悩んだときは「電話番号」をおすすめします。なぜなら、Facebookで登録すると名前が本名になり、友達や知り合いにばれる危険があるからです。一方で電話番号で登録すると偽名やニックネームを使うことも可能になります。

「誕生日が登録できない」「SMSで認証コードが届かない」といったエラーや不具合が起こらない限り、Tinder(ティンダー)の登録作業は数分で終わります。もし、使い方・やり方が分からないときは下の記事を参考にしてください。

Tinder(ティンダー)の登録とログインの仕方【Facebook・電話番号】

Tinder(ティンダー)のプロフィールの設定方法

Tinder(ティンダー)に登録したら、ライクを送る前に自分のプロフィールを完成させます。左上のアイコンから「情報の編集」をタップして、プロフィールの編集画面を開いてください。ここから顔写真や自己紹介を変更することができます。

①プロフィール写真の登録

まずはプロフィール写真を登録します。「顔写真を載せたくない」という男性も多いと思いますが、顔が分かる写真を最低でも2枚以上設定してください。なぜなら、「顔写真なしは論外」「画像1枚だけだと不安」と感じている女性が多いからです。

写真を3枚以上登録すると「スマートフォト」という機能で自動並び替えしてくれるので、その点でも顔写真を複数枚登録することをおすすめします。Tinder(ティンダー)の写真の変更方法や顔写真の撮り方は下の記事を参考にしてください。

Tinder(ティンダー)の顔写真の撮り方 | 写真写りが悪い男性必見

②自己紹介の入力

続いて自己紹介(プロフィール)を入力します。Tinder(ティンダー)では自己紹介文の例やテンプレが用意されていないので、自分で文章を考えて作成してください。仕事や趣味(好きなこと)、自分の性格などの話題が定番です。

もし、自己紹介の書き方が分からないときは下の記事を参考にしてください。他のマッチングアプリで使われているプロフィールの例文をまとめています。自己アピールが下手な男性でもTinder(ティンダー)を攻略することができます。

Tinderのプロフィール(自己紹介)の例 | 書き方が分からない男性必見

Tinder(ティンダー)の設定方法

プロフィールを完成させたら、Tinder(ティンダー)の設定を行います。設定の仕方は左上のアイコンから「設定」をタップして、最長距離と年齢の範囲を調整するだけです。先ほどの「情報の編集」の隣りにある「設定」から設定画面に移れます。

①最長距離を2kmから広げる

Tinder(ティンダー)の最長距離とは、ライクするときにどこまで遠くの女性を表示するか決めるための設定です。例えば、10kmに設定すると自分の現在地から半径10km以内の場所で最後にアプリを使っていた女性が全員表示されます。

そのため、最初は最短の2kmに設定してライクを送ることをおすすめします。「新しい人がいないか、また後でチェックしてください。」と表示されたら、距離を3kmに広げて新しい女性を探す、また4kmに広げて探すの繰り返しです。

Tinder(ティンダー)の位置情報/距離の仕組み | 2020年7月最新版

②年齢の範囲を変更する

Tinder(ティンダー)で年齢の範囲を変更すると、その範囲の年齢の女性だけが表示されるようになります。ただ、こちらは18-18のように18歳だけ絞り込まずに、18-22のように余裕を持って設定することをおすすめします。

なぜなら、距離と年齢を絞りすぎると何度も設定し直す必要があるからです。また、希望の年齢と少し離れていても、Tinder(ティンダー)には可愛い女性は多いからです。実際に会うことを目標とするなら、距離から絞るほうが効率よく攻略できます。

Tinder(ティンダー)のライクの使い方

ライク

初期設定が完了したら、さっそく女性にライクを送ります。Tinder(ティンダー)のライクの使い方は星マークを押すか、右方向にスワイプ(こする)だけです。無料会員は12時間120回まで、有料会員は回数無制限でライクすることができます。

①生理的に無理な女性以外全員ライクする

Tinder(ティンダー)では生理的に無理な女性以外全員ライクすることをおすすめします。なぜなら、イケメンでも20人に1人、フツメンでも100人に1人程度のマッチ率だからです。「いいねがこない」「マッチしない」と悩んでいる男性も多いです。

そのため、バツマークや左スワイプでNOPE(ノープ)するのは最小限の人数に留めておいてください。Tinder(ティンダー)で一度NOPEした人を復活させるには、有料会員に課金してリワインド(再検討)するしかないので注意する必要があります。

Tinder(ティンダー)で一度NOPEした人を復活させる方法3選

②自分をライクした人をライクを送って確認する

自分からライクした人にライクされると自動的にマッチします。ただ、女性からライクされたときは通知でしか確認できません。自分をライクした人を確認するには、有料のTinder Gold(ティンダーゴールド)になってモザイクを取る必要があります。

それか、設定画面から最長距離と年齢の範囲を広げたあとに、何人かにライクを送るとマッチするので確認できます。生理的に無理な女性以外全員ライクするTinder(ティンダー)の使い方なら、無料でライクを確認することができるはずです。

Tinder(ティンダー)で自分をライクした人を確認する方法3選

③スーパーライクは1日1回必ず使う

スーパーライクは1日1回無料で使えるので必ず消化することをおすすめします。Tinder(ティンダー)のスーパーライクの使い方は青い星マークを押すか、上方向にスワイプするだけです。好みの女性を発見したら積極的に送ってください。

Tinder(ティンダー)でスーパーライクすると、相手の画面で名前の横に青い星が付いたり、青いエフェクトが表示されるので他の男性会員より目立ちます。緑のハートマークのライクを送るより、確実にマッチしやすくなる効果があります。

Tinder(ティンダー)のメッセージの使い方

Tinder(ティンダー)でマッチしたら、女性とメッセージで会話できるようになります。他のマッチングアプリでは有料会員にならないとメッセージが送れない仕組みですが、Tinder(ティンダー)は無料会員でもやりとりすることができます。

①マッチ後すぐに最初のメッセージを送る

Tinder(ティンダー)ではマッチ後すぐに最初のメッセージを送ることをおすすめします。なぜなら、男性の数倍から数十倍以上女性はライクをもらっているからです。女性からメッセージが来るのを期待するより、男性から送ったほうがスマートです。

一通目の内容は挨拶+質問がおすすめです。ただ、「返事しにくいメッセージを送るな」「プロフィールに書いてあることは質問するな」という女性の厳しい声も多いので、女性が返信しやすいようなメッセージを最初に送るようにしてください。

②メッセージの返事が来ないときは次の女性を探す

Tinder(ティンダー)のメッセージは既読が確認できないので、女性から返事が来ないときは次の女性を探すことをおすすめします。先ほど書いたとおり、女性はライクやメッセージを沢山受け取っているので、既読スルーは珍しいことではありません。

とは言え、単純に見落としている可能性が高いので、一定期間置いてメッセージを送るのはOKです。ただ、「返事まだですか?」みたいな催促ではなく、Tinder(ティンダー)のフィード機能を活用するなど使い方・やり方を工夫してください。

Tinder(ティンダー)のフィードとは? | 2020年7月最新版

③会話が盛り上がったらライン交換する

Tinder(ティンダー)のメッセージは無料で使えますが、ドタキャンや退会(アカウント削除)する可能性もあるので、会話が盛り上がったらライン交換しておいてください。女性があなたと会う気があるなら断られることは基本的にありません。

メッセージで画像が送れない仕組みなので、Tinder(ティンダー)でライン交換するときはIDを教えるのがおすすめです。マッチ後最初の挨拶からライン交換までのTinder(ティンダー)のメッセージのコツは下の記事を参考にしてください。

Tinderのメッセージのコツ | マッチ後最初の挨拶からライン交換まで

Tinder(ティンダー)で実際に会うまで

メッセージでライン交換したら、あとは実際に会うだけです。ここまでくれば出会う方法は難しくありません。Tinder(ティンダー)からラインに移行したあとのやりとりに気をつけたり、会うタイミングに注意すれば実際に会うことは可能です。

①会うタイミングはすぐがおすすめ

Tinder(ティンダー)は遊び目的や暇つぶしで使っている女性が多いので会うタイミングはすぐがおすすめです。むしろ、実際に会うまで日が空いてしまうとドタキャンやすっぽかしされる確率が高くなるので遅いタイミングはおすすめしません。

誘うときの口実は「近くの美味しいお店を知っているからご飯でも」「職場が近いから仕事帰りに飲みにでも」のような誘い方で大丈夫です。女性も会う目的でTinder(ティンダー)を利用しているので、その場の流れやノリで誘うことができます。

②実際に会うときは業者に気をつける

Tinder(ティンダー)にはサクラは居ないものの業者は多いです。具体的には、アムウェイ・ホスト・キャバ嬢・なりすまし・ネットワークビジネス勧誘・出会い系サイトへの誘導など。特に実際に会うときはビジネス勧誘の危険が高いです。

女性だけでなく男性も危険なので、Tinder(ティンダー)で出会った女性と会うときは人目のある場所で会うことをおすすめします。詐欺や金銭トラブルに遭う可能性はあり得るので、要注意人物や危険人物には気をつけてください。

Tinder(ティンダー)の要注意人物リスト | こんな男性女性は危険人物7選

Tinder(ティンダー)の使い方のよくある質問

Tinder(ティンダー)の使い方のよくある質問や注意点

登録からライク、メッセージ、会うまでの使い方・やり方を確認したところで、Tinder(ティンダー)の使い方のよくある質問をまとめます。初心者あるあるの内容なので、はじめたばかりの男性は読むことをおすすめします。

Tinder(ティンダー)は本当に出会えるの?

結論を言うと、Tinder(ティンダー)は本当に出会えます。半信半疑なら試しにTwitterで「tinder 即」などと検索してみてください。裏垢男子やネトナンの出会い報告が確認できるはずです。Tinder(ティンダー)は出会えないという評判は嘘です。

しかし、Tinder(ティンダー)で出会うのは難しいです。簡単なことではありません。ただ、「いいねがこない」「マッチしない」と悩んでいる男性は使い方に問題があることが多いので、原因と対処法を確認することをおすすめします。

Tinderでマッチングしない原因と対処法5選【いいねがこない男性必見】

Tinder(ティンダー)で彼女を作ることは可能?

Tinder(ティンダー)は恋活アプリではなく、出会い系アプリに近いマッチングアプリなので、彼女を作るのは難しいと思います。彼女作りに適していないのは間違いありません。彼女が欲しい男性には恋活アプリや婚活アプリをおすすめします。

実際、Tinder(ティンダー)で付き合う確率は推定1パーセント・結婚できる確率は推定0パーセントという結果が出ています。無料で使えるのでお金は無駄になりませんが時間は無駄になるので、他のマッチングアプリに乗り換えしてみてください。

Tinder(ティンダー)で付き合う確率と結婚する確率 | 2020年7月最新版

Tinder(ティンダー)を退会/アカウント削除する方法は?

Tinder(ティンダー)の退会は設定の一番下にある「アカウントを削除」から簡単に行うことができます。ただ、今までのマッチやメッセージが消えるので慎重に行ってください。一時的にやめるなら退会ではなく一時停止をおすすめします。

「新しくアカウントを作り直ししたい」「再登録してリセットしたい」という男性にだけ退会を選んでください。一度退会したら同じFacebookのアカウントや電話番号でTinder(ティンダー)に登録し直すことができます。

Tinderを退会(アカウント削除)する方法 | 2020年7月最新版